福岡のカラーコンサルタント☆さご ゆかり の色いろブログ♪by エアリーカラー

『色で、もっと素敵に!』 福岡のカラーコンサルタント、さご ゆかり の色に関するブログです☆

美意の按配☆

こんばんは☆

曇りだったり雨だったり、最近はグレイッシュな空の毎日ですね♪

晴れた日は外へお出かけしたい気分ですが、雨や曇りの日は自分とゆっくり向き合うのにも良い時期かもしれません(^^)

最近、「座右の銘ってありますか?」と聞かれる事があったので改めて☆

私の座右の銘は、
『美意の按配』(びいのあんばい)です☆

ある国の故事の言葉だそう。
20歳から、ずっとこの言葉を大切にしています(^^)

ある王様が家来を連れて狩りに行くのですが、死んだと思って近づいた虎に小指を食べられてしまいました。
『お前が付いていながら、どうしてこんな事が起こるんだ!』と王様は激怒。
家来は、『これは、美意の按配でございます。これで良かったのです』と。
しかし、王様は『失敬だ!』と家来を牢屋に閉じ込めてしまいます。
そして、ある日王様は、一人で狩りに出かけます。
奥へ奥へと進むと、そこで森の部族に生贄にされそうになります。
体を綺麗に洗われて、生贄になる直前に小指が欠けている事に気付かれて、『こんな不浄なものは生贄にならない!』と解放されます。
その後、牢屋の家来に『あの時はお前を責めたが、お陰で私は助かった。これも美意の按配だというのか?』と問うと、家来は答えます。
『そうです。これが美意の按配です。投獄されたお陰で私の命も助かりました。もし、貴方が私と一緒に狩りに出掛けていたら、二人共生贄にされていた事でしょう。だから、今があるのです。』と。


「何でこんな事が…」

生きていると、自分にとって悲しい出来事や辛い出来事に遭遇します。

「どうしてこんなに辛い目に遭うんだろう…」
そう思ってしまいますよね、普通。

でも、
「起きる出来事には全て意味がある。そのお陰で、何か気付く事があるはず!先々良かったと思えるはず!」

そんな風に考えられたら、少し気持ちがラクになりませんか(^^)?

何事にも全て意味がある。
そのように采配されている。
きっと、それが良い按配。

これから先も、起きた出来事を柔軟に柔らかく受け止められる自分でありたいものですね(^^)

どんな出来事も、自分の受け取り方次第で良くも悪くもなります☆

今、お悩みを抱えている方!
色彩心理を通して、自分の気持ちと向き合って解決しませんか(^^)?


福岡のカラー/色彩のご相談はお気軽にどうぞ♪

☆エアリーカラー☆
(標準光カラー診断実施)

さごゆかり
電話 090-9405-5452
メールはこちairycolor.35@gmail.com
HP: http://www.airycolor.com